失政リスク研究所 ~ 増税と政治の失敗が 国家滅亡の原因だった!

人生防衛は失政監視から!財源不足の原因は 政府の失政!増税は 国民への責任転嫁でしかない!失政からあなたの人生を守る知恵と 豊かな人生へのホンモノの知識を多数公開!

*

あなたが経済的に困窮する原因が判明!!~ 国家のトンデモ状況 ~その5(完)

   

感謝しないとバチが当たる

にもかかわらず、保険料は 上昇の一途をたどっている。

4月22日、健康保険組合連合会は  12年連続で 健康保険料が上昇したことを発表した。

介護保険料も上昇し、平均の負担額は  年間  10万912円と、過去最高となった。

加えて、4月21日、厚生労働省は 厚生年金の加入期間の延長(70歳以上まで)を検討していることを発表した。

今後は、できる限り長期間にわたって  厚生年金保険料を支払わせようというのだ。

もはや保険料も、理不尽なほどの負担と言っても 過言ではない。

ここまで解説してきたような、国民が取られるカネをまとめたのが 下の表だ。

税金と保険料を合わせると、生涯収入 3億2000万円の場合

実に 1億1442.7万円が 強制徴収される。

 

生涯収入の  36%にも 値する金額を、国に納めるのだ。

気づいていないだけで、あなたは 国から感謝されてもおかしくないほどの 貢献をしている。

スウェーデンの消費税は 25%だ。

だが、同国の税金は、充実した社会保障の費用に割かれている。

’16年度の 国民所得に対する社会保障費の割合は、スウェーデンが  75%であるのに対し、

日本はわずか 25%だ。

税金が 自分の生活に還元されていれば、ちゃんと払おうという意欲も生まれる。

われわれは 国が言うとおり、高額の税金を払い続けてきた。

それなのに、感謝の気持ちを述べることもなく、

いまになって「足りない」「赤字だ」「もっと払え」と

更なる増税を要求する。

そもそも 税額を決めたのは誰なのか。

それを ムダ遣いしたのは 誰なのか。

自分が いくら納めたのかを 目の当たりにすると、

この国の税制の歪さが見えてくる。

 

 

「週刊現代」2019年5月11日・5月18日合併号より

 

(出典 /  https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64600?page=5  )

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ!2 [ 大村大次郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/3/27時点)

 


 - 01 money

Translate »