国家100年の大計 ~ 日本人よ!これが進むべき未来への道だ!

The Spirit of Tokyo ! 「翼よ!あれが巴里の灯だ!」 1927年 リンドバーグ 大西洋単独横断飛行から ちょうど90年!2017年 宇佐金治 Spirit of Japan 大提言!

*

弁護士懲戒処分検索センター

弁護士の懲戒処分を 検索できるサイトがある。

使い方は こちら → https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/folder/937920.html

 

 弁護士懲戒処分検索センター

http://shyster.sakura.ne.jp/

 

利用上の注意

弁護士に懲戒処分がある場合でも 必ずしもすべてが悪徳とは限りません、懲戒内容にもよります。
懲戒請求者の方が 無茶をいった場合や 弁護士会のお気入りでない弁護士に対する意図的な懲戒もあります。
また、依頼者のために 懸命に仕事をした結果、懲戒になってしまった場合、
争いの相手方にとっては悪徳弁護士かも知れませんが、味方として考えれば 心強い弁護士と考えることができるかもしれません。
内容をよく確かめてからご自身で判断してください。

< 筆者の見解 >

この文面から、弁護士は 弁護士会の意向に逆らいにくい、という環境が 読み取れる。

裁判所、警察署、軍隊は 上下関係が特に厳しいから
下っ端は、上の意向に逆らえないのだ。

裁判をしよう、と考えても、司法はすでに 正義とは関係ない。
地裁(地方裁判所)、高裁(高等裁判所)と、3審制とはいっても、
最高裁の判決、判例と違う見解は 出たところで、覆されるだけだ。

やるだけ無駄!

を回避するためには、従来の判決、判例を調べてから、が正解だ。

裁判で訴えられたら、敗訴したら、
自分名義の 不動産さえなければ、何とでも 逃げられる。

賃貸暮らしの人間であれば、
一流で名誉ある会社に勤めていない限り、
そういう会社の役員でない限り

財産など、隠し放題、差し押さえは 不発にできる !

裁判が怖いのは、本当に まっとうな人間だけなのだ。

ワルにとっては、法律など、ザル法だから、まったく怖くない。

 

 

時間があれば

こちらのサイトを 見ていただきたい

https://hasegawaheizo.com/category/law

検索で見つかるサイトに、さまざまな実例があって、驚くばかりだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ!2 [ 大村大次郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/3/27時点)

 


公開日: