国家100年の大計 ~ 日本人よ!これが進むべき未来への道だ!

The Spirit of Tokyo ! 「翼よ!あれが巴里の灯だ!」 1927年 リンドバーグ 大西洋単独横断飛行から ちょうど90年!2017年 宇佐金治 Spirit of Japan 大提言!

*

役人、権力の弱点 ~ 税務署員、警察官、裁判官、強権者の弱点 ズバリ!!

日本人は お上に黙って従うことが善、逆らうことは極刑!
くらいに お上に従属することが人生と 洗脳されている。

 だから アホなくらい、彼らがのさばる。
国民の幸せを犠牲にしるのだから、彼らに威張られる筋合いなど、ない!

 日本の法律も、彼らが勝手に作って、バカな大衆が おかしい部分や、修正を要求しないから、
国民はもはや、絞られるだけ、絞られ、挙句の果てには、人生を消耗され、下手すりゃ、命も縮む。

 われわれは、納税者であり、権力者どもは、われわれの税金で メシ食ってるのだ。
盗人猛々しいにも、ほどがある。

 では、われわれ納税者たる国民の 強みは何か?
日本国の経済を担っているのは、ほかならぬ、われわれだ。
 
そして、自力で 自分の名を堂々と名乗り、生き抜いていることこそ、最大の強みだ。

 翻って、彼ら 役人、強権者どもは、どうだ?!

自分の名指しで、自分1人が責任を問われることが、彼らにとって、最大の恐怖だ。
自分1人が責任を負わされ、地位を下ろされて「単なる1個人」になることは、彼らにとって「人生の終わり」という認識なのだ。
朝鮮は認めるが、挑戦は認めない。
「無事是名馬」で「ウマく生きる」
保身に専念することこそ 役人や、お偉いさま方々の 人生そのものだ。
ズバリ、役所と金融機関に属する人々が、これにあたる。
そして、金銭的に裕福な 安定企業になれば、役人度が高まるから、だいたい似たような感覚、性質になる。

だから、役人相手には、
とりあえず 書類さえ体裁が整っていればいい。
自分1人が責任を負わないですむ形になっていることが、彼らにとって、最大の安心だ。

自営業、経営者と役人は、全く感覚、考え方、思考回路が 異質なのだ!

こんな話を、明確にできるのは、
私はたまたま 役人の世界にも居たし、自営業、経営者でもあり、役人相手の自営業も経験したから、である。

彼らは、地位を失う、権力の座から下ろされることを、最大限、恐れているのだ。

 国民の幸せをふみにじる、税務署員など、どんどん 辞めさせ、国民の活力を 取り戻すべきだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ!2 [ 大村大次郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/3/27時点)

 


公開日: