失政リスク研究所 ~ 増税と政治の失敗が 国家滅亡の原因だった!

人生防衛は失政監視から!財源不足の原因は 政府の失政!増税は 国民への責任転嫁でしかない!失政からあなたの人生を守る知恵と 豊かな人生へのホンモノの知識を多数公開!

*

ネカフェ難民 行方不明 ~ セーフティーネットは門前払い

   

これまで 日本国民は、

漠然と 「いざ、生活に困ったら、生活保護というセーフティーネットがある」

と 思い込んできた。

実際に、コーチング業界などは

「チャレンジせよ! CHANGE  の中に CHANCE がある!」

「失敗しても、あきらめるな! あきらめなければ、失敗ではなく、糧になる」

など、地獄に落ちる覚悟で挑戦せよ!

くらいの勢いで、

クライアントのやる気、モチベーションアップを計ってきたし、

「失敗して、生活困窮したときのために、生活保護などの セーフティーネットがある!」

と説明してきた。

著書に記している方々も いる。

 

しかし・・・・

 

現実は、生活保護など、

「裏口から入らないと、無理」

「まともに、正面から相談したら

『まだ働けるんだから、働けるうちは、働いてください!』

などと、門前払いされる」

のが現実だ。

 

管理人も、かつて ビジネスで失敗して、相談したことや、

現場を知るために、直接、相談にも行ったことがあるが、

80歳、90歳以上でなければ、ほぼ 100 %、

門前払いだ、

というのが、現場での体感だ。

財政難だ、という自治体から、どんどん

生活保護の対象者、自治体の支出項目になる 福祉、セーフティーネットは、

削られていく。

もはや、

「失敗したら、路頭に迷う」覚悟でなければ、とても 起業など、

できないのが、日本という国家だ。

 

2020年、人類史で 100年に一度、起きている

地球規模の ウィルス感染(パンデミック)が

日本にも襲来した。

当初、中国・武漢から広がった「武漢ウィルス」も

WHO (世界保健機構)が、スポンサーである 中国のため、

新型コロナウィルス (英語 Covid-19 ) と 呼び方を変えたが、

呼び方に関係なく、2020年の ゴールデンウィークも、

被害は、日本国内で拡大中だ。

 

日本最大の都市、東京都は

人間など、数いるんだから、弱肉強食、競争原理で

淘汰された人間は、不要だ!

といわんばかり。

名も無き小市民は、こうして追い込まれていく。

ウィルスで死ぬより、これからは、自殺者爆増を、警戒したい。


2020年5月2日(土)

東京都「ネットカフェ難民」のホテル提供を出し惜しみ、

消えた 3349 人の行方

 東京都のネットカフェ難民問題について 4月17日にも報じたが
(新型コロナ福祉のダークサイド、ネットカフェ難民が追いやられた「本当の行き先」)

その後も 改善されるどころか、ますますひどいことになっているのでお伝えする。

■「12億円を計上して支援します!」

東京都は 緊急事態宣言を受けて ネットカフェに営業停止を要請。

それにより 4000人ともいわれる ネットカフェに寝泊まりする、いわゆるネットカフェ難民と呼ばれる人たちが
行き場を失い、通称・無低と呼ばれる、雑居状態が多くて 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される
無料低額宿泊所に追い込まれたりしたのは 前回、書いたとおり。
その後、支援団体らの強い訴えで  厚生労働省が
「個室の利用を促すこと」と「衛生管理体制が整った居所を案内する配慮」を

各自治体に連絡したはずだったが……。

「ネットカフェから出された人に対する 緊急宿泊支援提供ですが、

4月25日までに計651人がビジネスホテルに入所できました」

そう教えてくれたのは、生活困窮者を支援する団体『つくろい東京ファンド』の代表を務める稲葉剛さん。

一見、順調に進んでいるように聞こえるが、実際はそうじゃないんだそう。

「『東京チャレンジネット』を通じてビジネスホテルに入居できた人の割合を調べたところ、

日を追うごとに 支援につながる人の割合が 下がっていることがわかったんです。

おそらく電話やメール相談の段階で断られている人も多いと推測されます」(稲葉さん)

『東京チャレンジネット』とは、従来からある東京都が行う生活・居住、就労を支援するサポート事業だ。

そのホームページには「住まいを失い、インターネットカフェやマンガ喫茶などで寝泊まりしながら就労している方々をサポートする生活支援の相談窓口です」とあるのだが、今回、
この窓口へ 必死の思いで連絡をしたネットカフェ難民たちが

次々に排除されてしまっているんだという。

「私たち いくつかの支援団体は、

『緊急事態宣言が発令されれば、ネットカフェ生活者の多くが路上生活へと追いやられるだろう』と予想し、
東京都に対して ホテルの借り上げ等、緊急の支援策を要請していたんです。
それで4月6日に小池知事が会見で、“ビジネスホテルの借り上げなど12億円を計上して支援します!”
と発表したんですが、それきり。
当事者に届くような広報は今に至るまで、一切、行われていません」(稲葉さん)

【注:4月30日にやっとTwitterで告知した】

「やりますよ!」と掛け声だけは大きく、メディアも大々的にそれを発表し、

世の中では「ああ、よかったねぇ」と思われているが、
実際には支援に消極的で、窓口を当事者や支援者たちが 探さなければならない。
最初に言っていたことと違う。

今のさまざまなコロナ対策で起こっていることと同じ流れだ。

「そこからも ルールは二転三転。東京チャレンジネットでは 都内在住6か月以上の人しか受け付けない

とされていたので、それは 抗議して 撤廃させたんですね。そうしたら今度は、
東京チャレンジネットは そもそもネットカフェを出された人向けの窓口じゃない

と言い出したんですよ」(稲葉さん)

耳を疑う東京都の対応。

正式な発表もせず、しかし実際には そこが窓口になっていたのに、

今度は違うと言いだす始末。

「私が先日、申請者に同行して 東京チャレンジネットの窓口に行ったんですが」

と、詳しく教えてくれたのは、前回もお話を伺った『つくろい東京ファンド』の小林美穂子さん。

「東京都がネットカフェから出された人たちのためにビジネスホテルを2000室用意する、

その窓口が東京チャレンジネットなんじゃないですか? と尋ねたら、
『違います』と明言されました。
東京チャレンジネットを通じてビジネスホテルに入れる人は、

3か月後に自立する見通しがつく人に限られる と言うんです」

見通し?

今は誰もが3か月後の見通しなんてつかない。
私も、おそらく、これを読んでるあなたも。
ネットカフェを追い出されて 安定した住まいがなく、多くは仕事も失った人たちが、
これから3か月働いて お金を貯めて自立するって……。
緊急事態宣言の解除だってまだ見えてない。

人には会うな、移動はするな、ステイホームなのに? 一体どうやって?

しかもだ。小林さんが言うには、

「これまでの私たちの経験から、

チャレンジネットが言う“見通し”は 月収が16万円程度を想定しているようなんです。
そのくらいないと、3か月で アパートを借りる初期費用は貯められない、と。

しかし、ネットカフェ滞在者の平均月収は 11万円ほどと聞いています。

なので、この“見通し”をかなえられる人は、ネットカフェ滞在者の中でも

ごくごく一部に限られています。しかも、その一部も
今は仕事を失ってしまっているので」
というわけだから、

どれだけの無茶ぶりだ? ということになる。

■3密で2時間もの手続き

「今回、私が同行した申請者さんは これまで ネットカフェで寝泊まりしながらバイトをしてきましたが、

掛け持ちしている仕事が 5月から1つなくなって 収入が半減するんです。
『仕事がなくなって困るならと、ここを紹介されました。
住むところも食べるのもままならないんで、コロナが安定するまでなんとか助けてほしいです』

お願いしても、にべもないです」(小林さん)

とにかく、東京チャレンジネットが部屋(一時住宅)を用意するまでは

一旦、都が用意したビジネスホテルに滞在し、部屋が用意できたら 速やかに移り、
そこに3か月滞在する間 にしっかり働くこと。
もちろん 自腹で生活費を払いつつ、礼金敷金や生活用品を購入する資金をガッチリ貯め、
みごと 家を借りるなどして 自立していける見通しを、
“希望”ではなく、具体的に立てられる人じゃないと

都が用意したビジネスホテルには「入れない」の一点張りだという。

「申請者さんが『わたしのような人が断られたらどこに行けばいいんですか?』と 途方に暮れて尋ねると、

『コロナによって 収入が減った人向けに社協(社会福祉協議会)で貸し付けをしていますから、

そちらに行かれたらどうですか?』と言います」(小林さん)

たらいまわしをして、しかも借金をしろと言うのか?

「それは条件によっては減免されるものの、基本的には返さないといけないやつですよね?

と私が答えました。
申請者を連れてきたのは、その日に泊まるところがないので、
小池知事が言っていた ネットカフェ難民のために準備した ビジネスホテルの窓口が
ここだと聞いて来たのに
と言うと、
『基本的には先週と先々週の土日だけ対応しただけで、毎回やってるわけではないんです』

って答えられました」(小林さん)

土日の2回だけ? 形だけやりました感を出しただけ?

新型コロナによる緊急事態宣言も続き、収束はまだまだ見えない。

それに伴い ネットカフェを住まいにしていた人々の困窮は これからも続いていくし、
今後さらに 仕事を失い、住まいも失っていく人が増えていくことは 予測されるのに。
それなのに「はい、もうおしまいですよ」とばかりに

扉を閉じようとしてしまうのは、まったく理解ができない。

「そのときは 3か月後の見通しがつきます と言わない限り 埒(らち)があかなかったので、

プログラムにのることにしました。
すると 顔写真を撮られ、会員証が作成され、支出状況内訳書、職務経歴書、
3か月分の貯金計画表、食費交通費の支出予定表など、
そこから 1時間45分に及び 聞き取りと記入が行われました。
今後、健康診断を受診したり、担当支援員による 更なる聞き取りや、

就労アドバイスなどが行われる とのことでした」

3密はダメと言われてるのに、2時間近くも聞き取りだなんて、

そこで感染する危険も高まる。
都民には  人に会うな、集まるなと言っておきながら、
言ってる都側が そんなことを

ネットカフェ難民や支援者たちに強いる現実。

だいたい職務経歴書なんて、作ったことがある人ならおわかりだろうが、

そう簡単には作れない。
もちろん、これからやる仕事に向けた 大切なものでもある。
だからこそ、それは ビジネスホテルに入ってから、

ゆっくり本人に作ってもらえばいいじゃないか。

「そうした間にも、事務所の電話に応対するスタッフの声が 面談室にまで聞こえてきていて、

『ネットカフェ』という単語が 繰り返し何度も聞こえてきましたが、
相談に来ているのは私たちだけでした。
おそらく、厳しい条件に 予約の段階で諦めてしまう人も多いのではないかと、

推察しました」(小林さん)

■《奪い合うと足りない、分け合うと余る》

しかし、とにかく今、感染を広げないために

都が借り上げたビジネスホテルに泊まる方法は ほかにないんですか?

「市や区の生活保護の窓口や、生活困窮者自立支援制度の窓口に 行くことになりますが、

自治体ごとに格差があります。
きちんと対応するところでは ビジネスホテルに入れますが、
例えば 大田区や町田市であった例ですが、
隣が神奈川県なので

『あなたは神奈川から来たんでしょう?』と追い返したそうです。

また、ある区では 区議の方が申請者に同行して行っても ビジネスホテルを提案しない。

おかしいじゃないか? と区議の方が抗議すると、
『うちの区に来れば 個室に入れるからと、無料低額宿泊所から逃げてきた人が 申請に来て
困ったから、ビジネスホテルの件は すぐには出さないことにしている』

と言ったそうです」(稲葉さん)

それじゃ、もう、どこに行けばいいんですか?

ネットカフェにいた人たちは どうしたんでしょう?

「正直、4000人いたネットカフェの人たちの多くが

どこに行ったのか、よくわからないんです。

路上生活になったり、他県に移動した人もいるはずです」

小池都知事は この実態を知っているんだろうか?

せっかくビジネスホテルを借り上げたというのに、
現場ではそれを出し惜しみして使わせない。

小池知事は 知っていて放置しているんだろうか?

「これじゃ福祉とは呼べないですよね。

私は ただただ、これまで頑張ってきたのに 力尽きて頼ってきた人たちに
『大変でしたね』のひと言も言えない福祉関係者が 情けなくて悔しくて、涙が出ちゃうんです。
まるで『勝手に困んなさいよ、知らないわよ』

と、もう後がない人に言わんばかりで。

自分が相手にしているのが『命』だってこと、ひとりの『人間』だってことに

これだけ鈍感になれるのは すごいことです。おそろしいことです。
当事者だけでなくて、横に座って聞いている私も

ダメージが大きすぎて、力を奪われます」(小林さん)

本当にそうだ。

今、世界の医療従事者が ひとりでも多くの命を救おうと、懸命に働いている。
その命と、この命は同じ命だ。

どうして命を、福祉の現場で、東京都はないがしろにするんだろうか。

命はかけがえのないもの。東京都は早急に是正してほしいし、厚生労働省もこの件を看過せず、しっかりとした指導をしてほしい。命に待ったはない。

こうしたことを書くと、すぐに「自己責任だ!」と言い出す人がいる。それは前回の記事に対してもあった。でも、実際に自己責任だとして一切の援助を止めたらどうなるのか想像してみてほしい。誰も失敗できなくて毎日を怯えて暮らし、信頼は損なわれ、憎しみ合い、奪い合い続け、社会は地獄になる。

誰かがツイッターで書いていた。《奪い合うと足りない、分け合うと余る》。私たちは分け合うべきだ。そうした気持ちで、助け合いながら生きていきたい。

ちなみに、『つくろい東京ファンド』はじめ、支援団体が

コロナ災害から 命と生活を守るための情報を まとめているサイト
「新型コロナ災害緊急アクション」(https://corona-kinkyu-action.com/)がある。

困っている人に 教えてあげてほしい。

〈取材・文/和田靜香〉

 出典/ 週刊女性 プライム
  https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0502/sjo_200502_0104438348.html

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ!2 [ 大村大次郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/3/27時点)

 


 - 02 safetynet

Translate »